ブランドの知識を得てもっとブランドを楽しみましょう!
ブランド通りBrand street
 




ブランドの意味について

いわゆる「ブランド」というものは一体、どういうものなのでしょう・・・。そもそも、「ブランド」という単語は多義的な単語であって、ひとくちに定義付けられるものではないが、大方、次のように考えられます。「ブランド」とは、もともと「商標 銘柄」を意味します。商標や銘柄を統一し、その中で品質やデザイン、イメージ等の独自性を強調し、他と差別化を図ることによって知名度を高める、というのが狙いです。商標登録をしてブランド名に法的保護を与えられているものと、そうでないものとがあります。
70年代初期までは、ブランドは4つの機能を持つとされていました。
1.出所表示
2.品質保証
3.広告
4.財産権

しかし、現在では他との差別化機能が特に意味を持つものとなっています。また、差別化には、商品群としての差別化と、流通チャンネルとしての差別化の2つの要素が含まれています。さらに、他社ブランドとの差別化だけでなく、自社の他ブランドとの差別化の要素も含まれています。また、「ブランド」といっても多義的であり、様々な分類方法や形態があります。

【デザイナーズブランド】と【キャラクターズブランド】
「デザイナーズ・ブランド」とは、文字通り、デザイナーの個性を全面に打ち出したブランドのことです。「キャラクターズ・ブランド」とは、あるデザイナーの生前有るしていた名声を利用し、有効なデザイナーを中心に据えて、1つのコンセプトに基づいて服作りを進めるブランドのことです。


デザイナーズ・ブランド
キャラクターズ・ブランド
デザイナーの個性を打ち出したもので、普及版であるセカンドラインに比べ、高級な素材や副素材が用いられ、価格も高くブランド名とデザイナー名が一致することが多いです。
現在のデザイナー名はブランド名として表に出さないのですが、、そのデザイナーの個性を活かしたもので著名なデザイナーが手掛けていたブランドに多くみられます。
具体例
・ジョルジオ・アルマーニ
・ニール・バレット
・ヴィヴィアン・ウエストウッド
・アトウ
etc.
具体例
・クリスチャン・ディオール
・シャネル
・グッチ
・バーバリー
etc.


ただ、この分類も相対的なものであることに注意をしなければなりません。クリスチャン・ディオールを例にとって言えば、クリスチャン・ディオールの生前は、このブランドも上の定義に当てはめれば「デザイナーズ・ブランド」であったのです。また、ジョルジオ・アルマーニを例にとって言えば、ジョルジオ・アルマーニが亡くなって、他のデザイナーがクリエイティヴ・ディレクター等に就任すれば、上の定義でいう「キャラクターズ・ブランド」になるのです。つまり、「キャラクターズ・ブランド」も、もとは「デザイナーズ・ブランド」であったのであり、他方、デザイナーが亡くなった後もブランドが存在し続けたりするのは、こういったことを背景としています。また、あるブランドの復及版を「キャラクターズ・ブランド」と呼んだり、「ブルマリン(BLUMARINE)」や「ディースクエアード(DSQUARED2)」等のようにデザイナー名とブランド名が異なるものを「デザイナーズ・ブランド」と呼ぶこともあり、定義自体が曖昧であることにも注意を喚起したいですね。

注目サイト

KEIAN KEM-70B

Last update:2017/7/31


 
〜ブランド通り〜